症状

症状 · 25日 4月 2018
膝の痛みの原因として靭帯損傷があります。特に内側の保護をしている靭帯の損傷頻度が高く、高齢者の場合に加齢性の変形性膝関節症だと自己判断してしまい、放置してしまっていることもあります。普段の膝の痛みが内側にあるので、痛む場所が近く判別が難しいことが原因でしょう。...
症状 · 19日 4月 2018
急性副鼻腔炎が3ヵ月以上治らないものを慢性副鼻腔炎と言います。 膿が溜まる蓄膿症や、喉に鼻水が落ちる後鼻漏、好酸球の働きが過剰で起こる鼻炎などの種類があり、いずれも鼻水の排出が上手いこと出来ず起こります。症状としては、頭痛や頭重・歯痛・集中力の低下などの症状が起こることが多く日常生活に支障が出ている方も多いのではないでしょうか?...
症状 · 16日 4月 2018
手根管症候群とは、更年期の女性や産後に現れやすいての痺れの一つの原因です。ホルモンバランスの影響が大きく、日常生活にも支障が出ます。 簡単な検査法として、図にある様に両手の甲を合わせ1分間待ちます。それで痺れが増幅、出現すれば陽性になります。...
症状 · 09日 4月 2018
パーキンソン病は、脳の異常により体の動きなどに障害が現れる病気です。50代以上の高齢者に多く発症し、日本には現在15万人の患者さんがいるそうです。...
症状 · 05日 4月 2018
恥骨痛と聞いて産後の方や女性特有の症状であると思う方が大半でしょう。しかし、実際は日常やスポーツ活動の中では性別に関係なく結構な頻度で恥骨痛は現れます。...
症状 · 02日 4月 2018
図で示された様に、便秘にも種類があります。頑固な便秘は、器質的問題(病気)が隠れている場合もありますので、まずは消化器内科などを受診しましょう。 診断の結果、機能性便秘に分類された場合は様々な対処法がありますのでご紹介します。...
症状 · 31日 3月 2018
腸脛靭帯炎(ランナーズニー)と言いますが、必ずしも運動だけでなるものではありません。解剖機能的に言えば、腸脛靭帯というお尻の横から太もも横にかけて付いている靭帯が、大腿骨の骨隆起に反復して接触した結果、炎症が起きるというものです。...
症状 · 26日 3月 2018
後脛骨筋の働きは、底屈と内返しです。筋肉単体で聞くとイメージしにくいですが、簡単にいうとここが機能出来ていないと偏平足・膝痛や腰痛や肩こりなどの原因になります。さらに内くるぶし周囲の後脛骨筋腱炎などにもつながります。...
症状 · 20日 3月 2018
手や腕の痺れでは脳の問題や頸椎の問題を心配する方も多いかと思いますが、実は圧倒的にそれ以外(筋肉・筋膜)の方が多いのです。もちろん病院での検査も必要です。ここでは、小胸筋という胸の深部に位置する筋肉の影響で症状が現れる場合の説明です。...
症状 · 16日 3月 2018
間欠性跛行とは、しばらく歩いたら足が動かせなくなり、しゃがんだり一休憩するとまた歩けるといった症状を指します。 代表的なものでは”脊柱管狭窄症”があります。しかし、近年では脊柱管狭窄症自体は老化に伴って組織が変性しており、症状の無い方にも同じように加齢に伴う変性が起きていることも分かってきています。...

さらに表示する