症状

症状 · 2019/04/03
多くの人が経験する胃の不調。 食べ過ぎ、飲みすぎ、ストレスなどで起こるものや、感染症などでも合併する場合もあります。 しばらく続く場合は、必ず病院で検査を受けましょう。...
症状 · 2018/12/19
起立性調節障害の症例です。 小児期から大人への変わり目に起きやすい”起立性調節障害”。検査でも異常が出ることがほとんどなく、不定愁訴として扱われる場合も多く、不登校の原因にもなったりと本人にとってはとてもつらい症状です。原因は自律神経の異常に加え、精神的問題や環境にも大きく左右されます。 <年齢> 中学3年生ー女子 <主訴>...
症状 · 2018/11/29
側弯症とは背骨が左右に弯曲した状態を指します。 幼少期に医師から指摘されたり、学校の健康診断で発見される場合があります。中には大人になってからレントゲン検査で分かる例もあります。 幼少期で発見された場合、弯曲角度が一定以上になれば矯正の為金属の固定具が必要になり、成長と共に徐々に改善が期待出来ます。...
症状 · 2018/11/27
むち打ちと聞くと、交通事故で起こるものという認識を持っている方が多いでしょう。もちろんそれも正解です。 しかし、交通事故の様なはっきりとした原因があれば分かりやすいのですが、患者さん自身が気づかないうちにむち打ちになっている場合がしばしば見られます。さらに、余程重度でなければレントゲン検査やCTなどでも分かりません。...
症状 · 2018/11/08
手足の痛みや痺れ・麻痺があり病院を受診。これが一般的に取るべき手段です。 検査の結果、椎間板ヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症、骨の変形などの診断をうけます。あるいは、骨には異常が見当たらないということもちょくちょくあります。 ここからが本題です。...
症状 · 2018/07/30
整形外科や整骨院などでお馴染みの”腰椎牽引治療”。これが悪化の原因になるのでしょうか? 答えは”YES”です。厳密に言えば”YESの場合がある”です。 私も整形外科リハビリテーション科に10年以上務めてきた経験上間違いありません。ドクターからは痛かったら中止しましょうと言う言葉はありますが、その原因を追究することはありません。...
症状 · 2018/07/27
ストレートバックとはその名の通り”真っ直ぐな背中”です。医学的には脊柱の生理的湾曲が失われた状態を指します。良く言われる背骨のS字カーブの減少です。...
症状 · 2018/07/13
オーバートレーニング症候群とは”運動のし過ぎ”によるものです。難しい言葉やお話は置いといて簡単に説明します。...
症状 · 2018/06/22
この度の地震でお亡くなりに方々には心よりお悔やみ申し上げます。 また、怪我などされたり生活に不自由を強いられている皆様にはお見舞い申し上げます...
症状 · 2018/06/13
夜中に”こむら返り”で目が覚めてしまうことがあります。当院に来られている患者さんから多く聞く症状でもあります。...

さらに表示する