· 

腰椎牽引での腰痛悪化例

整形外科や整骨院などでお馴染みの”腰椎牽引治療”。これが悪化の原因になるのでしょうか?

 

答えは”YES”です。厳密に言えば”YESの場合がある”です。

 

私も整形外科リハビリテーション科に10年以上務めてきた経験上間違いありません。ドクターからは痛かったら中止しましょうと言う言葉はありますが、その原因を追究することはありません。

 

アメリカの整形外科学会では、慢性期及び急性期の腰痛に対しての腰椎牽引療法の効果を認めていません。温熱やストレッチ効果によって一時の緩和などは起こりえますが、腰痛そのものの改善効果は期待出来ないとしているのです。

 

ではなぜ日本では当たり前の光景になっているのか…

 

・医療保険制度の問題

 

・病院の運営上の問題

 

・医療機器メーカーとの関係の問題

 

などがあげられます。

 

患者さんのメリットについての答えが無い…。残念ながらありません。なんと、日本整形外科学会が出している”腰痛ガイドライン”でも腰椎牽引について推奨していないのです。

 

 

話は戻りますが、牽引治療で腰痛が悪化した原因について書きます。

 

・患部の急性炎症の増幅

 

・関節の不安定性の増大

 

・硬化した脊髄硬膜の過刺激によるショック(高齢者の方)などです。

 

 

なんとなく楽になる、病院でしているんだから間違いない、症状は平行線だ。

 

この様な方はアプローチの方法を再考してみましょう。