· 

逆流性食道炎

逆流性食道炎
逆流性食道炎

胸やけ、咳、吐き気などで病院で逆流性食道炎と診断された場合のお話です。

 

 

原因は?ストレス?老化?ハッキリと原因が分からないまま消化器科の薬や漢方薬などを服用している方も多いのではないでしょうか?

 

予防として食後にすぐ座らないなどがありますが、なかなか改善しない場合も多いです。

 

 

臨床的には腹部の緊張、横隔膜の機能不全などが結果として起こっていることが多く、肩こりや腰痛と言った症状も同時に持ち合わせている方が多い印象です。神経学・解剖学的に関連が深い場所なので何ら不思議ではありません。

 

 

施術は、まづ全身の神経バランスを整え、かつ腹部・内臓・胃部に関連性がある神経のアプローチを行います。状態的には内臓の働きを調節している交感神経の過緊張が考えられます。この緊張を緩めることで内臓の緊張も改善され血流も増えることになります。結果として症状の回復が期待出来ます。

 

 

症状を繰り返す、あるいは薬であまり改善していない方は、一度カイロプラクティックケアをお試しになってみて下さい。