· 

骨盤矯正の真実

骨盤矯正の嘘

何年も前からこの”骨盤矯正”という言葉を耳にすることが増えました。

 

 

これは整体や整骨院が考えた”造語”です。TVや雑誌などで特集が組まれ、それを見た一般の方が興味を持ち施術を受けています。ご自身の健康に関心が高いことは非常に良いことですが一歩間違えれば身体を壊す危険性があることも理解しておく必要があります。

 

 

産後にズボンがきつくなった、姿勢が崩れた、尿漏れがきつくなった、腰痛がきつくなった…日常動作の苦痛や、女性としてのスタイル維持はイキイキとした生活をおくるうえでとても大切なことであることは間違いありません。だからこそ、一時の見た目の変化だけにとらわれず、なぜその様な状態が起きるのかを十分に理解しアプローチすることが健康への最短距離になります。

 

 

まず、医学的には骨盤を形成している関節(仙腸関節)は動かない関節(不動関節)と言うのが常識になっています。よって、その関節が歪む・ズレるといったことは起こらないという理屈です。整骨院や整体院などで骨盤が開く・閉まるといった施術を行うことと相反する事態になっています。

 

 

実は、仙腸関節が動く動かないという議論は世界中で存在し未だに結論に至っていません。動かない派は、例えば腰痛にしても仙腸関節に原因は探しません。しかし、動く派は仙腸関節を含め原因を探します。腰痛が良くなれば患者さんはどちらでもいいのですが…もう少し掘り進みます。

 

 

仙腸関節関節というのは上半身の体重を受けて両脚に分散する役割があります。しかし仙腸関節自体を動かす筋肉というのは存在していません。ですから筋肉を緩めたりしてもなんら変化が無いのです。

 

 

ここでよくある骨盤矯正の方法として、仙腸関節に手を使い直接動きをつけるといったやり方です。ソフトなものからハードなものまで無数にあります。動くということを前提にしたやりかたですが、実は仙腸関節の可動性は動いてもせいぜい数ミリ程度なのです。たった数ミリです!患者さんや術者が目視や触診で分かるレベルではありません。しかも、加齢と共にその数ミリの動きも失われていくのです。

 

 

 

ここからがポイントです。立位や寝た状態で骨盤の高さや傾きを指摘し施術を行い、ビフォーアフターを患者さんにみせ納得してもらう方法がポピュラーですね。視覚情報は人間の感覚の大部分をしめるので納得してしまうのも分かります。

 

 

あれ?前述では数ミリの変化は感じれないといいましたね。実際に変化しているのは仙腸関節ではなく股関節や腰、脚などの筋肉の変化により姿勢が変わっているのです。ストレッチと変わりありません。関節が矯正されたのではなく筋肉が緩んだのです。当然一時の変化でありすぐ戻ります。正しいストレッチを覚え、日々の姿勢を気を付ければセルフケアで十分な範囲です。リラクゼーションと割り切って受けるのであればかまいませんが、施術をしてもらう際に過度なストレスが関節にかかり関節が逆に不安定になってしまった例を多々見かけます。ここは是非注意しなければならないとこです。

 

 

流行りの産後骨盤矯正についても、出産で骨盤が開くということはありません。分娩時、恥骨が開くように思いますが、開くのではなく”しなる”のです。しかもすぐに元の状態に戻ります。骨盤が開く、閉まる、ズレる…これも造語です。

 

 

さらにもう一つ注意が必要なことに、骨盤矯正で痩せたりしません。適切なカロリーコントロールが必須であり、最も効率の良いダイエット法です。運動で痩せるには相当な量が必要になるのでこれは現実的ではありません。

 

 

最後に、当院で行っているアクティベータメソッドでの骨盤矯正の捉え方です。結論から言えば骨盤へのアプローチは有りますがA地点からB地点に骨を動かすといった方法ではありません。もちろん筋肉をストレッチすることもありません。

関節や筋肉には”固有受容器”という身体の方向・位置を感知し、その情報を脳に伝えるセンサーがあります。脳はその情報を元に筋肉や靭帯に指令を出し適切に働かせています。逆にそのセンサーが正常に機能していなければ脳も正常に指令を出せないのです。筋肉もギクシャクした動きになり痛みや怪我の元になります。

 

 

 

アクティベータメソッドではその固有受容器が正常に働く適切な刺激を作り出す器機を使います。人の手では絶対に出来ない刺激です。一番はそのスピードであり手の刺激の300倍の速さで、その速さのおかげで刺激の強さは1/300で行えるのです。300×1(力×速さ)ではなく1×300(力×速さ)

 

 

非常に低刺激ですので幼児~高齢者まで安心して受けて頂いています。

 

 

 

当院では、骨盤を単独で矯正するといったことはありません。足首~頭蓋骨まで検査し必要に応じて調整します。足に問題があり骨盤まで影響が出ている方の場合、足の調整をせずに骨盤矯正をしても、歩いて家に帰ったら元の状態にもどっています。

 

 

正しい情報をもとに産後ケアを受けてください。

 

 

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の最新情報

手足の痛みや痺れがあり病院を受診。これが一般的に取るべき手段です。

 

検査の結果、椎間板ヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症、骨の変形などの診断をうけます。あるいは、骨には異常が見当たらないということもちょくちょくあります。

 

ここからが本題です!

 

アメリカの大学で背骨から出る神経の穴(椎間孔)の狭窄で起こる現象を研究する為に犬を使った動物実験がおこなわれました。神経を圧迫させ神経の伝達速度を見ることが目的です。

 

<結果>

神経の伝達速度に変化は見られない⇒痺れは起こらない

脈管系(主に静脈)の循環障害が発生⇒組織の酸素欠乏が起こる

 

椎間孔には神経だけでなく動脈、静脈、リンパなども通ります。その内、神経が占める割合は1/3程度です。椎間孔を圧迫しても神経を挟み込むようなことはありません。関節が脱臼するところまで椎間孔を狭めても結果は同じでした。

 

腰痛が全く無い人でも80%の確率でヘルニアが存在するといったデータもあります。よって、ヘルニアを除去しても良い変化がある人は限られた場合のみになります。世界各国にある腰痛学会でも現在はこの見解が主流になってきていてますが、残念なことに日本では限られた場所でしかこの様なお話は聞くことが出来ません。

 

当院ではアクティベータメソッドという施術を行います。これはヘルニアといった患部に起こった結果を診るのではなく、ヘルニアを起こしてしまった原因を診ます。

 

方法や理論などはメインページでご確認下さい。