· 

ゴールデンエイジ

”ゴールデンエイジ”とは10歳前後頃の子供を指します。

 

これは、身体の神経系の発達が出来上がり、それを使いこなす体力もついてくる丁度いい年齢であることで、様々な活動をこなすことが出来る非常に素晴らしい限られた世代なのです。ですから、この年代のスポーツ活動は後の人生においての土台になることは言うまでもありません。

 

しかし、神経系の発達が最も急速なのが幼稚園~小学校低学年の頃です。このころに様々な身体活動を経験させることでゴールデンエイジ期のパフォーマンスにも大きな差が出てきます。出来るだけ公園などで遊ばせて下さい。

 

大人になってからの運動神経の発達はほとんどありません。

 

アクティベータメソッドでは、神経の伝達の正常化を目的としています。筋肉は柔軟性を増すことや、強くすることだけが重要なのでは無く、持っている筋肉を最大限に使いこなすことこそが重要なのです。