· 

骨の矯正???

関節の”ボキっ”ってみなさんも経験あると思います。

 

では、いったい何の音か知っていますか?ズレた関節が元に戻った?矯正された?答えは関節内の気泡が弾けた音です。

 

指や首をポキポキ鳴らす方もいますね。この関節で弾ける音が気持ちいいと感じることも有りますが、実は関節面には痛覚が無く周囲の組織がストレッチされたことにより快感だけを感じ取っているのです。

 

しかし問題はここにあります。気泡が弾ける時の衝撃は何と”1トン”だといいます。関節や周囲の組織にどれだけの負担を与えるか想像がつきます。一般の方はカイロプラクティックや整体でこれが矯正であるかのような認識を持っているかたも多いでしょう。これは大きな間違いであり、術者までもが勘違いしていることがあります。矯正の本来の目的は音を鳴らすことではなく、関節の神経伝達を正常化することです。パフォーマンスに誤魔化され無いように気を付けましょう!特に中年以降の方は血管の硬化が隠れている場合がありますので、事故の元になりかねません。

 

正しい知識を持ち自己防衛することが必要です。